おすすめ投稿

★移転のお知らせ★

この度、桂駅東口へ移転することになりました。
上桂のお店は、5月17日(水)で閉店させていただきます。
再オープン日等につきましては決まり次第告知させていただきます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。

<新住所> 〒615-8076 京都市西京区桂下豆田町36-2
(TEL・FAXは変更ありません)
●阪急電車京都線「桂」駅東口 徒歩5分(前にあるお地蔵さまが目印です)

移転日記3

少しずつ、片付け&荷造りを始めています。
移転に向けて以外に、実家も住む人間がいなくなったので同時に片付け始めました。
すると、面白いものが出てきました。
実家から、高校生の時の制服が。
友達の妹さんに作ってもらったウエディングドレスが。
母はこんなものを残していたのか!
(母は現在特養で生活しています)
思わず爆笑してしまいました。
制服は処分しましたが、ウエディングドレスは持って帰りました(笑)
もう一度着るためではなく(笑)、手作りなので残しておきたくて。
でも何かの余興の役に立つこともあるかも。

そんな中、ずーっと探していた大切なものが出てきました!
これは実家ではなく、自分の住まいからです。
大切な友達が昔私に描いてくれた一枚の絵。
私の一番お気に入りの絵。
以前の住まいで飾っていたから必ずあるはずなのに、探しても探しても見つからなかった絵。
思いがけない所から出てきました。
「大事にしまいすぎてるやん!」と思うようなところから。
でも嬉しかったです。
引っ越しまであと少しだけど、やっぱり飾りたくて額に入れることにしました。
裏返して額に入れようとしたその時・・・
文字が目にとまりました。
下のところに手書きの文字が・・・。
友人からのメッセージでした。
昭和60年3月10日と日付も書かれていました。

泣きました。泣きました。

今も見守られている。応援してもらっている!
ありがとう!
心がふつふつとあたたかくなりました。
本当に良かった。。。

移転日記2

今日は本棚の件で移転先の物件へ。
新たな本だな作りを相談したのは、同業者の「きんだぁらんど」さん。
昔からの古い付き合いです。
お忙しい中、現地に来てくださいました。
お部屋を見てくださって、間もなく、
「もうイメージが浮かんでます。」
すごい!すごい!
最近はいろんな所の絵本棚を手掛けておられるとのこと。
私もお任せすることにしました。
「専門店仲間」は本当に有難いです!
1を言うだけで10まで理解してもらえる。
児童書に関する想いが伝わる、伝わる♪
私の事をわかってくださってるだけに余計にです。
私も信頼しているから余計にです。

本棚を作るのが一番楽しい!!
もう、ワクワクしかありません!
絵本と一緒に生きていける人生は、私にとって最高です!

どんなお店になるのかなぁ・・・よりも、
どんな空間になるのかなぁ・・・って感じです。
商売はどうでもよく、自分が幸せな空間になることが一番です。
もっとも、児童書が並べばそれだけで幸せ空間なのですが(笑)

帰ってから今の店に並ぶ絵本たちに言いました。
「素敵な棚に引越し出来そうやで。一緒に来てな。」

しかし。
正式な契約日は5月12日なのに、いつも物件の鍵を開けて長時間立ち会ってくださっている
賃貸会社の方には感謝です。
すいません!
因みに契約日を5月12日にしたのは、
その日が、私が高校生だった若き日に片思いしていた彼の誕生日だからです(笑)
すごく縁起が良い気がして。
あ、片思いだから縁起悪いのかな?
いいや。それはそれで(笑)
もひとつ因みに、えほん館の開業日は初恋の人の誕生日にしました(笑)
会社勤めしながら無店舗でスタートしたので本当の始まりの日がわからないのです。
訊かれた時に答えられなかったのでそうしました。
1987年7月1日です。
可愛そうなことに、初恋も片思いでした。
片思いは想い出に残りやすいのかなぁ・・・
この歳でも。
???
話がそれてしまいました。

本棚、すごく楽しみです!!

移転日記1

この度、移転することになりました。
5月17日で店舗は一旦閉店しますが、店舗営業以外は通常通り行います。

移転を考えていたのは数年前からです。
仕事がやりやすい環境を確保したい。
木と一緒に生活したい。
それが願いでした。
昨年から仕事仲間が私の代わりに探し始めてくれていましたが、
3月が終わり年度が変わって、やっと私も自分で動けるようになりました。
さてさて、どうやって探し始めようかと思いながら、
「今の若い人達は、ネットで探したりするんやろな〜」と思い、
ある晩私もスマホで検索してみました。
「西京区・貸家・4LDK~」で検索してみると・・・
桂駅東口徒歩5分の物件が出てきたのです。
えっ!? こんな駅前にあるのん???
というのが始まりで、そのまま一週間で決まってしまいました。
あっという間でした。

家の前のお地蔵さま。
表に木がある。しかも箱庭もある。そこにも木がある。
念願の仕事部屋がとれる。
おまけに講座が出来るスペースもとれる。
そしてそこで生活できる。

有難い!
その一言です。。。

古い一軒家ですが、気に入りました。
大事に住みたい。
家にも喜んでもらえるような人生を送りたい。
そう思って、本を置くところは床の補強をさせてもらうことにしました。
私が住んだせいでお家が酷いことになったら申し訳ない。
お借りする大事なお家。
家も私も快適であるように、出来るだけのことをしたいと思っています。
昨日、床の工事をしてくださる方と打ち合わせをしました。
今は見積もり待ちです。
私が出せる金額であることを願っています。。。

5月の講演予定

13日(土) 京都市 青い空保育園
・・・・・・ 京都市 西京区小学校PTA

20日(土) 京都府 精華町立池谷保育園

21日(日) 保育と絵本の学校 開校記念講演

24日(水) 京都市 桂坂児童館(一般参加可)(絵本販売有)

27日(土) 京都府向日市 向陽幼稚園(一般参加可)(絵本販売有)

「北の国から」で・・・

 年が明けていつからなのか、BSで「北の国から」の再放送がやっています。
気が付いて最初に見た時、心は父のもとへと飛んで行きました。
五郎さんを見ていると、自然と父の事を思い出すのです・・・。

 今から20年程前、私は離婚しました。
両親には何も相談せず、大きな変化の約2年の間、両親に伝えた言葉は、
「別居するし」「離婚するし」だけでした。
 当時私は父を大の苦手としており、仲が良いとは言えませんでした。
父と話す時はいつも緊張していました。
でも結婚してからは、「彼」と父がとても仲良しだったので、そのお陰で私も楽しく父と会話することが出来ていました。
父は「彼」の事が大好きだったのだと思います。
そんな父のお気に入りの「彼」と、一方的な私の勝手で離婚することになった時、
私は父に怒鳴られると思っていました。
ところが、父は何も言いませんでした・・・。

 正式に離婚してから、私は実家に帰るのが嫌で嫌でたまりませんでした。
でも放っておくわけにもいかず、ある日勇気を出して帰りました。
せめて母がいてくれれば良かったのに、そんな時にかぎって母はおらず、
離婚後初めて実家に帰ったというのに父と私の二人だけ。
数年振りの「二人だけ」が、よりによってこんな時だなんて!
父は目がほとんど見えないにも関わらず、ミシンで何かを縫っていました。
私を見ることもなく、普通に自分の作業をこなしていました。

「お父さん、ただいま・・・」
・・・(ダダ、ダダダダ、ダ)・・・

私は黙って父の作業を見ていました。
父は自分のズボンのウエストを直していました。
太ったからボタンがとまらなくなったみたいで、太った分だけ別の布を足して縫っていたのです。
その時、人生で初めて味わう種類の感動が込み上げてきました。
いまだに上手く言葉で言い表せないのですが。。。

 私は「そういう事」があまり好きではありませんでした。
貧乏くさい事が。
いえ、貧乏な家庭だったから嫌だったのでしょう。
新しいズボンを買えばいいのに。
それくらいのお金は今は充分あるのに。
「ぶさいくやなぁ・・・」
「恥ずかしいなぁ・・・」
 ところがその時、初めて気付いたのです!
黙って父の手元を見ながら、
つぎはぎの布が縫われていくのを見ながら、

ああ、この人は、なんて事をしてるんやろ!
なんて、尊い事をしてるんやろ!

「物を大切にする」なんてそんな事ではない、もっと大切な事、もっとすごい事。
命あるものとしてとても尊い、愛おしい事。。。
なんやろ・・・。
そんな初めての感動が込み上げてきたのでした。

 今でもあの時のことは、リアルな感覚で私と共に生きています。
父はすごい人だったのだと、それまでとは違う意味で感じた瞬間でした。
地位や名誉やお金や業績や、人生で何を成し遂げたかとか、そういう類のすごさではなく、
それらがどうでもよくなる「すごさ」でした。。。

 大人になってから、父と本当に向き合う事が出来るようになったのはあの時が始まりだったと、今でも思います。
五郎さんを見ると、あの時の事がよみがえります。
父は五郎さんよりもずっと男前でしたが(笑)、似ているところがいっぱいあります。
五郎さん、いいな〜
「北の国から」いいな〜

特典付きサイン本、予約受付中!

「いすにすわってたべなさい」
平田昌広・作 平田景・絵 国土社 1404円税込

「いすにすわってたべなさい」に「あ」を足すと・・・。
一文字加えるだけで、全く違う意味に変身する文章がたーくさん!
「なんでやねん!」と突っ込みたくなるものまであって笑ってしまいます。
どこに一文字加えるか、これがポイントです。
日本語って、文章って、面白いですね〜♫
日本語を考えた人って尊敬します!

私が大好きな「おかん」シリーズの著者による最新刊です。
今回平田ご夫妻のご好意により、ちょっとした特典付きのサイン本をご用意させていただけることになりました!
以下の予約表をダウンロードしていただいてFAXしてください。
FAXの無い方は、必要事項のみをメールしていただければ大丈夫です。
FAXが面倒な方もメールでOKです。
締め切りは、3月15日です。
皆様のお申込みをお待ちしています♪

えほん館いすにすわって予約票

 

 

 

3月の講演予定・他

1日(水)  城陽市 久津川保育園

2日(木)  京都市 京北町

3日(金)  城陽市 鴻の巣保育園 (一般参加可)

4日(土)  京都自治労連保育部会総会

6日(月)  京都市 足立病院マミーズスクエア

7日(火)  京都市 朱雀第七小学校

8日(水)  京都市 二条かいわいイベント 会場:CAFE Phalam
・・・・・・・・・・・・・(一般参加可)・TEL(075)496-4843

9日(木)  京都市 鏡山保育所 (一般参加可)

10日(金) 京都市 高野児童館 (一般参加可)

(11日(土) 大阪府岸和田市 近藤薫美子さん講演会絵本販売)

13日(月) 京都市 淀保育所 (一般参加可)

(15日(水) 京都市 御蔵山どんどん文庫選書会)

17日(金) 京都府 井手町図書館

18日(土) 京都市 醍醐図書館 (一般参加可)

21日(火) 京都市中京区小学校図書館ボランティアネットワーク

22日(水) 京都市 聚楽保育所

2月の講演予定・他

2日(木)  京都府私立幼稚園連盟絵画展 高島屋(一般参加可)

3日(金)  京都市 大原野幼稚園(絵本販売有)

8日(水)  京都市 上高野児童館(一般参加可)

10日(金) 京都市 桂川小学校

(11日祝 長谷川義史さん&あおきひろえさん絵本ライブ)

14日(火) 京都市 アソカ幼稚園(絵本販売有)

18日(土) 向日市 社会福祉協議会

21日(火) 京都市 元町小学校

22日(水) 京都市 淀保育所

24日(金) 京都市 向島南小学校

25日(土) 京都市 石田保育園(一般参加可)

28日(火) 京都市 鶴山保育所(一般参加可)