作成者別アーカイブ: ehonkan

えほん館の本棚完成!

昨日ついに本棚が完成しました。
これには奇蹟の出来事が。
その話はまた次回という事で・・・。
素敵な棚を作ってくださった「スキマ家具屋」さんに山盛りの感謝です!!!

本棚を作ってくださった「スキマ家具屋」のイケメンの方々。本当に感謝です!

 

 

楽しかったーっ!(今日の絵本)

本日、某小学校へ講演に伺いました。
親子一緒の絵本読みと保護者の方へのお話を含めて一時間半。
最初の45分絵本を楽しんで、後半の35分保護者の方にお話をさせていただきました。
驚いたのは、後半の保護者の方へのお話を、子ども達も最後まで聴いてくれていたことです。
途中で動きだしたり喋り出したり遊びだしたりするのが普通なのに。
意外でした。

皆で楽しんだ今日の絵本はこれ。

「かみなりどんがやってきた」(世界文化社)
「うし」(アリス館)
「しってるねん」(アリス館)
「くだものなんだ」(福音館書店)
「だるまさんの」(ブロンズ新社)
「ねこのピート だいすきなしろいくつ」(ひさかたチャイルド)

本当に楽しかった!
そして感動しました!

特に新刊の「うし」は子ども達に読んだのは初めてだったので、その反応が新鮮でした。
この絵本、もちろん普通に読むのはもったいない。
子ども達とやり取りしないと、ひじょーにもったいない。
最初の3ページで先を読み取った子どもがいました。さすが!
この感性と想像力は大人には乏しい。私が見習わないと!
最後のおち(?)も、子ども達は声を揃えていました。さすが!

「くだものなんだ」の中に出てきた「すいか」はくだものなのか?
と質問してくれた小学生。
「図書室の百科事典で調べてみて。ほんで答えがわかったら、クラスのみんなにもぜひ教えてあげて。」と、答えた私。
後ろで校長先生が笑顔で頷いてくださっていました。
それが目に入った私は思わず
「あ、もしかして私、上手に答えられたんちゃう!?」
と思ってしまいました(笑)
実際は、「すいか」が野菜か果物か?自信を持って答えられなかったので、
「上手い事逃げられたー!」と心の中で叫んでいたのです。(情けない大人や)
でもでも、その子は素晴らしかった!
講演が終わった後、すぐに図書室に行って百科事典で調べていたのです。
(開いてる図書室も素晴らしい。)
偶然その場に出くわした私も、一緒に答えを確認する事が出来ました。
ありがとう!子ども!

そしてそして、
「親子で絵本を楽しむことがどこへ繋がっていくのか?」を聴いてくださった保護者の方が、
涙をぬぐっておられました。
なんて素敵なおかあさんなのでしょう!
なんて素直な心を持った大人なのでしょう!
私の方が涙をこらえて話をしていました。

その他にも、主催が学校ではないのに参加してくださった校長先生。
図書館司書の先生。
主となって動いてくださったボランティアの方々のサポートは、
私に話しやすい空間を完璧に創ってくださいました。
皆さんを人として尊敬します。

今日に限らずですが、素敵な大人の人達に出会えると凄く嬉しい。
自分が「死ぬのもったいないやんかーーー!」と思える世の中を創れる大人は、
本当にたくさんいるのです。

 

お店オープンします!

2017年8月27日(日)午前10時から午後6時
新しい場所でのお店をオープンさせていただきます。

今後の営業日は当分の間、
日曜日のみとさせていただきます。
但し、第一日曜日はお休みさせていただきます
午前10時から午後6時です。

サークルやその他団体でご来店の方は、平日でも開店させていただきますので、
事前にご連絡ください。
TEL(075)383-4811
メール ehonkan1987@yahoo.co.jp

 

えほん館一押しの講演会のお知らせ!

絵本あれこれ研究家の加藤啓子さんが京都に来てくださいます。
子ども達に絵本を読んでおられる方には特におすすめの内容です。

目から鱗、間違いなしです♪
絵本の世界がぐんと広がる事も間違いなしです♪

絵本は絵を読むんですよ。

桂ヴィレッジフェス・一箱古本市出店者募集

今年も地元の祭り<桂ヴィレッジフェス2017>が開催されることになりました。
上桂から桂に移転したこともあり、どっぷり祭りのど真ん中です。
今年も私花田は一箱古本市の担当をさせていただく事になりました。
出店者の方を大募集致します。
初めての方も大歓迎で〜す♪

桂ヴィレッジフェス2017・一箱古本市

 

8月の講演予定

2日(水)  京都市 山科区役所(地域子育て支援拠点事業)一般参加可
・・・・・・・・・・「子どもと絵本を楽しもう」

3日(木)  京都市 西院小学校

23日(水) 京都市 洛西保険福祉センター(地域子育て支援拠点事業)一般参加可

30日(水) 京都市 しんらん交流館大谷ホール(地域の子育て支援研修会&交流会)

31日(木) 京都市 (上京区正親学区内の会場にて)(地域子育て支援拠点事業)

 

無事に終えることができました。

7月17日の「こぐま社吉井氏講演会」&「絵本を肴にだべる会」
無事に終えることが出来ました。
いつもながら、様々な不手際をお許しください。
ご参加くださった講演会23名、だべる会20名の方々に心から感謝申し上げます。
沢山のお手伝いと差し入れにも感謝でした。

新しい場所での初めてのイベントだったので、イマイチ感覚がつかめていませんでした。
講演会はもう少し入っていただけたなぁと思います。
エアコンの設定を間違っていたようで、暑い部屋となりました。
申し訳ありませんでした。

ただ、沢山の絵本の紹介と解説をしながらの吉井さんのお話は、
やっぱり凄く良かったです。
原点となる大切な内容でした。

第二弾をまた開催させていただくつもりです。
どうぞ皆さま、今後ともよろしくお願い致します。

移転日記8

中庭のある家、仕事がやりやすい家、広くなった自分の部屋・・・
古い家なのでちょっとした不便はありますが、
それを差し引いても快適です。すごく有り難いです。
なのになのに・・・
この・・・言葉に出来ない感じは何?
最高だと思っているのに、最高と思いきれないこの感じは何?
新しい家にまだ慣れていないからだと思っていましたが、違いました!

絵本が、児童書が無い。本棚に並んでいない!

数日前にはっきりとわかりました。
本棚が出来ていないので、まだ絵本は上桂に置いたままなのです。
仕事の度にその都度上桂へ行って本を積んで出かけています。
ある夜、次の本を読もうと思って、新しく店となる部屋へ行ってみたところ、
「わわわ。本が並んでへんやん。。。」と、今の現状では当たり前の事を痛感しました。
この18年間、店と住まいが一緒だったので、いつでも好きな時に棚の前へと向かえました。
人には見せられない姿でも、真夜中でも、本当に好きな時に。
昔は店と住まいは別だったので、絶対一緒でなければいけないという考えはありませんでした。
だから驚きました。
今や私は店と一緒でなければ生活していけない。
「店」という表現が正しいかどうかはわかりませんが、
店でなくても、棚を作って児童書を並べることが、もはや私の生活なのです。
その事に気付きました。。。

ようやく棚を作れる目途が立ちました。
一気に気分が変わりました。
児童書が並ぶ棚の無い状況は、自分が分かれている感じでした。
店をするしないは二の次です。
児童書が並ぶ空間は、私のために作るのです。
私の歓びのために。
今は自分の一部を迎え入れられることが嬉しくてたまりません。
棚づくりに関してお世話になった方々に感謝です!
(現在進行形でお世話になってますが)