カテゴリー別アーカイブ: 日記

歳をとると涙もろくなる

「歳をとると涙もろくなる」
昔からよく言われていますが、私はその通りだと思います。
いえ、私がその路線にハマってます。
それは「経験」が増えるから。「記憶」が増えるから。
「想い出」が増えるからだと思います。
いえ、思っていました。
映画を観たり、本を読んだり、テレビを見たり、
人の話を聴いたり、あかちゃんや子ども達の笑顔を見たりした時に、
思わず泣いてしまう事があります。
ふと見上げた空に、花や星の美しさに、だれかの声に、泣いてしまう事があります。
いろいろ沢山ありますが、中でも私は歌に弱い!
好きな歌を聴くと、もうダメです。
最近は歌番組を見ないようにしている位です。特に昔の歌は。
古賀政男やフランク永井まで昔ではありません。
かぐや姫やイルカや松山千春やチューリップ位の昔です。
今日まで生きて来れた様々な出来事が一瞬で甦ったり、
旅立った父や大切な人や友人が出てきます。

人は「記憶」で生きている。

私はそう思っているのですが、
どんどん記憶を失くしていく母も、涙もろくなっているのです。
記憶の量は依然と全く違います。
昔の事を忘れ、昨日の事を忘れ、お昼ご飯に食べたものを忘れ・・・
まさに、今に生きている感じです。
「記憶」を、「想い出」を、どんどん失くして行くのに涙もろくなっているのは、
なんでなんだろう・・・。
頭では思い出せない、頭では認識出来ない「記憶」が、あるのだと思います。

頭で覚えている記憶ではない、花田睦子として生きた記憶ではない、
生き物としての「記憶」?宇宙の「記憶」?
みたいなものがある事を改めて感じる今日この頃です。。。

えほん館の本棚完成!

昨日ついに本棚が完成しました。
これには奇蹟の出来事が。
その話はまた次回という事で・・・。
素敵な棚を作ってくださった「スキマ家具屋」さんに山盛りの感謝です!!!

本棚を作ってくださった「スキマ家具屋」のイケメンの方々。本当に感謝です!

 

 

楽しかったーっ!(今日の絵本)

本日、某小学校へ講演に伺いました。
親子一緒の絵本読みと保護者の方へのお話を含めて一時間半。
最初の45分絵本を楽しんで、後半の35分保護者の方にお話をさせていただきました。
驚いたのは、後半の保護者の方へのお話を、子ども達も最後まで聴いてくれていたことです。
途中で動きだしたり喋り出したり遊びだしたりするのが普通なのに。
意外でした。

皆で楽しんだ今日の絵本はこれ。

「かみなりどんがやってきた」(世界文化社)
「うし」(アリス館)
「しってるねん」(アリス館)
「くだものなんだ」(福音館書店)
「だるまさんの」(ブロンズ新社)
「ねこのピート だいすきなしろいくつ」(ひさかたチャイルド)

本当に楽しかった!
そして感動しました!

特に新刊の「うし」は子ども達に読んだのは初めてだったので、その反応が新鮮でした。
この絵本、もちろん普通に読むのはもったいない。
子ども達とやり取りしないと、ひじょーにもったいない。
最初の3ページで先を読み取った子どもがいました。さすが!
この感性と想像力は大人には乏しい。私が見習わないと!
最後のおち(?)も、子ども達は声を揃えていました。さすが!

「くだものなんだ」の中に出てきた「すいか」はくだものなのか?
と質問してくれた小学生。
「図書室の百科事典で調べてみて。ほんで答えがわかったら、クラスのみんなにもぜひ教えてあげて。」と、答えた私。
後ろで校長先生が笑顔で頷いてくださっていました。
それが目に入った私は思わず
「あ、もしかして私、上手に答えられたんちゃう!?」
と思ってしまいました(笑)
実際は、「すいか」が野菜か果物か?自信を持って答えられなかったので、
「上手い事逃げられたー!」と心の中で叫んでいたのです。(情けない大人や)
でもでも、その子は素晴らしかった!
講演が終わった後、すぐに図書室に行って百科事典で調べていたのです。
(開いてる図書室も素晴らしい。)
偶然その場に出くわした私も、一緒に答えを確認する事が出来ました。
ありがとう!子ども!

そしてそして、
「親子で絵本を楽しむことがどこへ繋がっていくのか?」を聴いてくださった保護者の方が、
涙をぬぐっておられました。
なんて素敵なおかあさんなのでしょう!
なんて素直な心を持った大人なのでしょう!
私の方が涙をこらえて話をしていました。

その他にも、主催が学校ではないのに参加してくださった校長先生。
図書館司書の先生。
主となって動いてくださったボランティアの方々のサポートは、
私に話しやすい空間を完璧に創ってくださいました。
皆さんを人として尊敬します。

今日に限らずですが、素敵な大人の人達に出会えると凄く嬉しい。
自分が「死ぬのもったいないやんかーーー!」と思える世の中を創れる大人は、
本当にたくさんいるのです。

 

無事に終えることができました。

7月17日の「こぐま社吉井氏講演会」&「絵本を肴にだべる会」
無事に終えることが出来ました。
いつもながら、様々な不手際をお許しください。
ご参加くださった講演会23名、だべる会20名の方々に心から感謝申し上げます。
沢山のお手伝いと差し入れにも感謝でした。

新しい場所での初めてのイベントだったので、イマイチ感覚がつかめていませんでした。
講演会はもう少し入っていただけたなぁと思います。
エアコンの設定を間違っていたようで、暑い部屋となりました。
申し訳ありませんでした。

ただ、沢山の絵本の紹介と解説をしながらの吉井さんのお話は、
やっぱり凄く良かったです。
原点となる大切な内容でした。

第二弾をまた開催させていただくつもりです。
どうぞ皆さま、今後ともよろしくお願い致します。

移転日記8

中庭のある家、仕事がやりやすい家、広くなった自分の部屋・・・
古い家なのでちょっとした不便はありますが、
それを差し引いても快適です。すごく有り難いです。
なのになのに・・・
この・・・言葉に出来ない感じは何?
最高だと思っているのに、最高と思いきれないこの感じは何?
新しい家にまだ慣れていないからだと思っていましたが、違いました!

絵本が、児童書が無い。本棚に並んでいない!

数日前にはっきりとわかりました。
本棚が出来ていないので、まだ絵本は上桂に置いたままなのです。
仕事の度にその都度上桂へ行って本を積んで出かけています。
ある夜、次の本を読もうと思って、新しく店となる部屋へ行ってみたところ、
「わわわ。本が並んでへんやん。。。」と、今の現状では当たり前の事を痛感しました。
この18年間、店と住まいが一緒だったので、いつでも好きな時に棚の前へと向かえました。
人には見せられない姿でも、真夜中でも、本当に好きな時に。
昔は店と住まいは別だったので、絶対一緒でなければいけないという考えはありませんでした。
だから驚きました。
今や私は店と一緒でなければ生活していけない。
「店」という表現が正しいかどうかはわかりませんが、
店でなくても、棚を作って児童書を並べることが、もはや私の生活なのです。
その事に気付きました。。。

ようやく棚を作れる目途が立ちました。
一気に気分が変わりました。
児童書が並ぶ棚の無い状況は、自分が分かれている感じでした。
店をするしないは二の次です。
児童書が並ぶ空間は、私のために作るのです。
私の歓びのために。
今は自分の一部を迎え入れられることが嬉しくてたまりません。
棚づくりに関してお世話になった方々に感謝です!
(現在進行形でお世話になってますが)

移転日記7

いまだに移転日記を書いているという事は・・・
そうです。
まだ移転が完了していないのです。
6月2日に引っ越しをしたものの・・・
トラックに全部荷物が乗らなくて・・・
と言うよりは、半分しか乗らなかった(泣)
新しい場所の家の前の道が狭いから2トン車しか無理と言われて
「わかりました。積めるだけ積んで下さい。」という事になったものの、
ここまで残るとは!
自宅の引っ越し分で満杯で、お店の引っ越しは全く無理でした。

そしてそれだけではなく、肝心の本棚が出来ていないのです。
「理想の図」はとっくに出来上っていたものの、肝心の資金がついて行けず(泣)

悲しい話です。。。(「じゃがいもポテトくん」ふうに)

無い知恵を必死に絞り、
周りの人の意見を聴き、
たどり着いたのは・・・

始めに戻る。

自分にとって大切な事は何か?
なぜこれで生きていきたいのか?
どんな空間が創りたいのか?

想いが全てです。
想いがあるから形があります。
想いがあるからこの世界があります。
「幸せに生きていきたい」
それしかありませんでした。

わがまま、自分勝手をやるのには、私には勇気がいります。
周りの人達が、お客さんの事が、好きであればあるほど勇気がいります。
でも、世界平和の原点は私が幸せである事だと思っているので、
迷った末いつも結局は自分のやりたようにやってしまいます。
私が笑顔を知らなくて、どうして子ども達に笑顔を伝えられる?ですよね。
そんな私に関わってくださる全ての人に感謝です!

・・・取り敢えず、引っ越し完了を目指します。

移転日記6

荷造り作業に嫌気がさしてブログを書くことにしました。
店が本だらけなのは分かりますが、独り暮らしの六畳間から出るわ出るわ。
隙間と言う隙間から本が出て来る出て来る。
引っ越しするつもり、無かったもんな〜。
テレビで「ビブリア古書店の事件簿」を見てから、家のあらゆる所に本が積んであるのが憧れとなったものですから、階段にも、自分の部屋の寝るスペース以外にも、本を置いていました。
しかしそれ以外に、絵の多い事。資料の多い事。
極めつけは「想い出」のなんと多い事!

結構長い事生きて来たもんなぁ・・・。

日記、写真、プレゼントでいただいた物、手紙、ビデオ、カセットテープ、CD、映画のパンフレット&チラシetc・・・。
捨てられるわけがない。
生活品はほとんど無いのに、そんなんばっかりでスゴイ箱の数。
そこに近年5年間の大学の授業での学生達が書いてくれた文章が加わるから、
もう宝の山です!
一々見ていては進まないとわかっていても、ついつい・・・(笑)
驚いたのは、記憶にない写真や物等があることです。
えっ!?
これ何!?
これいつ!?
そんなことの連続です。
でも、だから、すごく面白い!
もはや私にとって過去は思い出ではなく・・・そう!ファンタジーです。
今や「過去」は、私を「様々な世界に連れて行ってくれる最高の宝物」となっていることに気付きました。。。

移転日記5

先日から少しずつ新居のご近所さんへ挨拶回りを始めています。
引っ越しは6月2日なのですが、いろいろ準備でお騒がせするかもなので早い目に始めました。

嘘のような話ですが・・・
私、苦手なんです。知らないお宅を訪ねるの。
ただの挨拶なのに、飛び込みの営業マンみたいに緊張して・・・
誰かについて来て貰いたいのですが、そうもいかず・・・
そんな感じですから、とても「絵本のお店もします。えほん館と言います。」
と言う事が出来ず、
「絵本の販売をさせて貰ったり、絵本の教室をしたりもしますので、賑やかになることがあるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。」
と、分かりにくいトークをして、やたら頭を下げて終わってしまいます。
情けない。
講演でしか喋れないとは・・・どういうこと?
自分に突っ込んでしまいます。

そんな中、回っていて「もしかして、えほん館ですか?」と言ってくださった方がおられました!
「昔、子どもが小さい時何回か行きました。」と。
「いや〜♫ えほん館がこんな近くに来るの〜♫ 仕事で絵本使うからまた行かせてもらいます!」と、喜んでくださいました。
いえいえ、私の方がめちゃくちゃ嬉しかったです!!!
残りのお留守のお宅も、頑張って回ろうっと。
単純な私です(笑)

移転日記4

あかん!
移転日記を書こうと思ったのに、忙しくなって書けない。
ちょっとでも本を読みたいと思うから余計に書けない。

濃い毎日です。
床工事の見積に本棚の見積、どちらも思った以上に高くて・・・
いえ、決して高いのではありません。
私の予想が低すぎたのです。
無知とはこんなもんです。
床の補強工事は理想を捨て実際に補強した方が安心というレベルに下げました。
「しなくてもいいんちゃう」という意見もありましたが、本は重いのでどうしても心配です。
私の不安は絵本にも伝わるかもしれないので納得のいくようにやる事にしました。
でもこれは多分間違い。
絵本はそんなことで不安になったりはしませんよね。
不安なのは私だけ。
絵本はそんな私を見守っていてくれているだけでしょう。
何しろあちらの方が存在経験がはるかに永いですから。

一昨日、工事がスタートしました。
様々な道具を持って工事業者の方が来てくださいました。
電動のこぎりで少しだけ床を削ってから、顔を突っ込み現状を確認しておられる姿を見ていて、
父の姿を思い出しました。
私の為ではなく、家の為に、この先まだまだ持つような補強工事をしてくださることを願うのみです。
何十年も先に、私がこの世からいなくなっても誰かが住んでいられるように。。。

住むところがあるというのは有難い事です。
家は人を救います。
「衣食住」はどれも凄く大事ですが、中でも私には「住」が特に大事なのです。
雨風をしのげて休めるところがあれば、「食」を求め「衣」を求める意欲が出てくるのです。
どんな形になろうとも「店」と呼べる場を持っていたいと思うのは、
その愛しい空間があることで「やりたい事をやって行こう」という、
自分が求めている生き方へと舵を切る勇気が湧いてくるからなのかもしれません。
私のようなタイプの人の為にも、家が存在し続けていて欲しいと願うのです。
どんなに古びたとしても。

今の上桂に来た時もそうでした。
伏見の店を閉めなくてはいけなくなって物件を探していてめぐり会いました。
「拾ってもらえた」
心底そう思いました。
ここに拾ってもらえて、周りの人に助けてもらえて、そのお蔭で「今」があります。
その上桂のお店を5月17日に閉店しました。
思う事があまりに多すぎて・・・
今は感じないようにしています。押さえています。
蓋をしないとやっていけない。だって18年。ほんまに、ほんまに、いろいろあったもん。。。
もう少しして時がきたら、その想いを解放したいと思います。
その被害を被るのは、多分呑み友達だと思います(笑)