カテゴリー別アーカイブ: 日記

「北の国から」で・・・

 年が明けていつからなのか、BSで「北の国から」の再放送がやっています。
気が付いて最初に見た時、心は父のもとへと飛んで行きました。
五郎さんを見ていると、自然と父の事を思い出すのです・・・。

 今から20年程前、私は離婚しました。
両親には何も相談せず、大きな変化の約2年の間、両親に伝えた言葉は、
「別居するし」「離婚するし」だけでした。
 当時私は父を大の苦手としており、仲が良いとは言えませんでした。
父と話す時はいつも緊張していました。
でも結婚してからは、「彼」と父がとても仲良しだったので、そのお陰で私も楽しく父と会話することが出来ていました。
父は「彼」の事が大好きだったのだと思います。
そんな父のお気に入りの「彼」と、一方的な私の勝手で離婚することになった時、
私は父に怒鳴られると思っていました。
ところが、父は何も言いませんでした・・・。

 正式に離婚してから、私は実家に帰るのが嫌で嫌でたまりませんでした。
でも放っておくわけにもいかず、ある日勇気を出して帰りました。
せめて母がいてくれれば良かったのに、そんな時にかぎって母はおらず、
離婚後初めて実家に帰ったというのに父と私の二人だけ。
数年振りの「二人だけ」が、よりによってこんな時だなんて!
父は目がほとんど見えないにも関わらず、ミシンで何かを縫っていました。
私を見ることもなく、普通に自分の作業をこなしていました。

「お父さん、ただいま・・・」
・・・(ダダ、ダダダダ、ダ)・・・

私は黙って父の作業を見ていました。
父は自分のズボンのウエストを直していました。
太ったからボタンがとまらなくなったみたいで、太った分だけ別の布を足して縫っていたのです。
その時、人生で初めて味わう種類の感動が込み上げてきました。
いまだに上手く言葉で言い表せないのですが。。。

 私は「そういう事」があまり好きではありませんでした。
貧乏くさい事が。
いえ、貧乏な家庭だったから嫌だったのでしょう。
新しいズボンを買えばいいのに。
それくらいのお金は今は充分あるのに。
「ぶさいくやなぁ・・・」
「恥ずかしいなぁ・・・」
 ところがその時、初めて気付いたのです!
黙って父の手元を見ながら、
つぎはぎの布が縫われていくのを見ながら、

ああ、この人は、なんて事をしてるんやろ!
なんて、尊い事をしてるんやろ!

「物を大切にする」なんてそんな事ではない、もっと大切な事、もっとすごい事。
命あるものとしてとても尊い、愛おしい事。。。
なんやろ・・・。
そんな初めての感動が込み上げてきたのでした。

 今でもあの時のことは、リアルな感覚で私と共に生きています。
父はすごい人だったのだと、それまでとは違う意味で感じた瞬間でした。
地位や名誉やお金や業績や、人生で何を成し遂げたかとか、そういう類のすごさではなく、
それらがどうでもよくなる「すごさ」でした。。。

 大人になってから、父と本当に向き合う事が出来るようになったのはあの時が始まりだったと、今でも思います。
五郎さんを見ると、あの時の事がよみがえります。
父は五郎さんよりもずっと男前でしたが(笑)、似ているところがいっぱいあります。
五郎さん、いいな〜
「北の国から」いいな〜

映画・初恋のきた道

大好きな「午前十時の映画祭」で、大好きな「初恋のきた道」を観てきました。

%e5%88%9d%e6%81%8b%e3%81%ae%e3%81%8d%e3%81%9f%e9%81%93

も〜最高!!!

1999年公開の中国映画ですが、公開時に観てチャン・ツィイーに一目惚れ。
多分多くの人がそうでしょう。
もう一度スクリーンで観たいと思っていましたが、
17年振りに願いが叶いました。
途中から泣きっぱなし。
私は泣くと涙だけではなくて同じくらい鼻水も出るのです。
だから鼻をすするだけでは済まなくて、かまなくてはいけません。
これが実にやっかいで・・・
映画の途中で、ズズズズズーとやるのは他の人に申し訳ないのですが、
でもそのままだと耐えられないわけで・・・
今日も我慢して我慢して、音楽が大きくなったタイミングを見計らって、
今だ!
ズズズー、ズズズズズーと、かませて頂きました。

一途に人を想い、文化大革命によって引き離されてしまっても想い続ける少女。
出会ってから40年もの間、夫婦として連れ添ってからも
その想いは変わる事がありませんでした。。。
それって、すごいなぁ〜。
憧れる。
昔から「一途」に憧れる。
小学生の時から「一途」が大好き。
なのに離婚してしまった(笑)
40年間一人の人を想い続けるのは、年齢的にももう無理(笑)
それだけではなくて、この映画は最高です。
映像の美しさ、音楽、家族、生活。
とても貧しい村の生活に生きることの営みを感じます。

本当に感動でした。
13日までにもう一回観たいなぁ。
それにしても、今年は正月から泣いてばっかりで、目が腫れてます。

竹青壮の住人たち

昨日今日と箱根駅伝に釘付けでした。
子どもの頃からスポーツは大好きで、やるのも観るのも好きなのですが、
箱根駅伝には全く興味がありませんでした。
父が毎年テレビで見ていましたが、好きな番組が見られなくてただただうっとしいだけでした。
ところが、数年前からなぜか興味が湧き注目するようになり見るようになりました。
そして今年は・・・
テレビに釘づけ。
特に今日は泣きっぱなし。

去年の12月は例年以上の忙しさでした。
毎年10月に入ると年末まで休み無しになります。
でも去年の12月は、朝9時から夜の11時まで仕事という日が5日間続くこともあって、心よりも身体が疲れ切り、病気以外で初めて、しんどくて夜寝られないという経験をしました。
そんな私を支えてくれたのは、竹青壮の10人の住人達でした。

「風が強く吹いている」(三浦しをん著)
2006年に出版され話題となり映画にもなりましたが、初めて読みました。
そしてハマりました!
読み終わった後、すぐにまたもう一度読んだのは人生で初めてです。
ハイジに走(かける)、王子、双子のジョータとジョージ、ムサ、神童、ユキ、
ニコチャン先輩、キングの10人は竹青壮に住んでいる大学生です。
この10人が箱根駅伝を目指す物語なのですが、ただのスポーツ青春物語ではなく、
努力神話の物語でもなく・・・う〜ん・・・
言葉に出来ないので、あとがきにある著者の言葉の一部を紹介します。

できる、できないという基準ではない価値観を築けるかどうかを、
小説を通じて考えてみたかった。

毎日へとへとになっても、1ページだけでも・・・と読んでいました。
軽い扉を開くだけで、そこに私の好きな人達がいる!
ただそれだけの事が「力」となる。
私にとって竹青壮の10人は生きている人達なのです。
キャプテンで監督でもあるハイジからは、人生の宝物となる言葉をもらいました。

そんな「風が強く吹いている」を片手に臨んだ今年の箱根駅伝。
でも元旦のニューイヤー駅伝のスタートシーンを偶然テレビで見て、
瞬間で泣いていました。
王子のスタートを一瞬で思い出してしまった自分にビックリ。
こんなんで明日ちゃんと見れるやろか・・・
予想通り、箱根駅伝のスタートでほぼ号泣していました(笑)
だって私にはそこに、確かに王子が見えたのです。

今日はもう、タスキが繋がっては泣き、繋がらなくてもっと泣き、
フラフラで走っている選手に向かって大声で「がんばれーっ!がんばれーっ!」と叫び、
10人が走ったコースを本を片手にテレビで確認しと、大忙しでした。
「あ、六郷橋」
「権太坂や」
「大平台のヘアピンカーブって、狐坂そっくりや〜」
「神童が上がった坂は、こんなに急やったんか」

濃い二日間でした。
今日はぐっすり寝られそうです。

322475822

 

「佛大通信ちょっと読み」に載せていただきました♪

先月取材を受けました。
昔からとってもお世話になっている、高橋司先生を通じて、佛教大学が発行されている
「佛大通信」に載せていただきました♪

司先生は「パネルシアター」の先生でもあります。
様々な大学で講義されており、保育のみならず子どもの文化に精通しておられます。
著書も多数出版されています。
子どもに対しても対等なまなざしを持っておられるせいか、
いい歳をして、幼児相手に、時には本気で喧嘩をしてしまわれます(笑)
(先生、失礼!お許しください!)
後で反省して、しゅんとしておられる姿には、心の中で笑ってしまいますが、
何とも人間らしくて私は大好きです。
「人は、人によって人となっていく」という事をしみじみ感じます。。。

そんな先生との対談形式で取材を受けさせていただきました。
良かったら読んでくださいね♪

高橋司先生、本当に素晴らしい方です。。。

「佛大通信ちょっと読み」

333544832    330755182

お誕生日月間

本日を持ちまして、お誕生日月間に突入します!

お誕生日月間:4月14日~6月14日
(*お誕生日月間とは、花田睦子にいつでも「お誕生日おめでとう!」と言っていい、あつかましい期間のことです。通常ほとんどの人はこの期間を無視して過ごしています。)

私の誕生日は5月14日です。
私はこの日が最高に好きなのです。
毎年5月14日は、仕事を休みにして、自分の為だけに過ごします。

始まりは・・・
確か19歳のとき。
会社勤めの日々の中、誕生日を迎えた時、
「あ、自分へのお祝いに、欲しかった「ピーターラビットの絵本」を全巻買ってあげよう。」
と、本屋さんで絵本を見ながら思った事でした。
当時の私には、欲しかったけど高価すぎて買えなかったものでした。
だからお祝いに全巻を買いました。
人からいただくプレゼントとはまた違う感覚の喜びがありました。
それからです。
自分の誕生日を自分で祝福しようと思ったのは。

私は心底5月14日が大好きです。
あの若葉の色、お日さまの光(雨でも)・・・輝いています!(見えます)
セブンイレブンの看板までもが輝いて見えた時にはさすがに驚きましたが(笑)
すべてに命の輝きを、めっちゃくちゃ感じます!
石ころにもゴミにも。(普段馬鹿にしてる証拠やん(汗))
13日とは違う、15日でもない、14日なのです!
5月14日が、一年で最高の日なのです。全てにおいて!
本当にそう思うのですから、おめでたいでしょ。
同級生が「誕生日来たら歳とるし、いや〜」と言う中で、
私は毎年毎年、待ち遠しくて仕方がないのです。
世の中の人に申し訳ないですが、5月が最高の季節です。
しかも14日が。
思い込みではなく、事実輝いているのです(笑)

そんな訳で、10年ほど前から「お誕生日月間」が出来ました。

この時期におすすめは、
●映画「小さな恋のメロディー」
●絵本「あなたがうまれたひ」(福音館書店)
●絵本「たいせつなこと」(フレーベル館)
●CD「Winelight」(グローバル・ワシントンJr.)
●詩「ぼくがここに」(まどみちお)
●漫画「ふたりの童話」(岩舘真理子)
●漫画「ミルキーウェイ」(太刀掛秀子)
●絵本「いっしょだよ」(アリス館)
●本「至極の居酒屋レシピ」(アントレックス)
・・・
ほとんど一般的な季節感ではありません。
私の季節感です。。。

yjimage8161JGL930615405[1]

「月にハミング」

「月にハミング」
マイケル・モーパーゴ作 杉田七重訳 小学館 中学生から大人

私はちゃんと生きれているのだろうか・・・

「ちゃんと」って何かな?
人によって違うけど、「周りや社会がどうであろうと、自分が大切だと思う事を大切に生きているか」という事です。私にとっては。
私の知り合いは、まさにそういう生き方をしていました。
自分が大切だと思うもの・・・
人を愛することや人を信じること、「おかしい」と思う事には相手が誰であっても「おかしい」と言い、世間からは受け入れられない人でも自分の哲学を基準に受け入れる。
弱者には限りなく優しく、その事に最後まで責任を持つ。
自分の身を削ってでも・・・。
文章にすると「素晴らしい人」という感じがしますが、実際にこう生きている人は、
多分世間的な一般評価は高くはないと思います。
地位も名誉も財産も、何もないのですから。
いえ、目立つようなものは何もないのですから。
最も本人は「他人の評価」など人生の基準には置いていないのです。
世間の評価の基準こそを変えるべきだと思っている人でした。
私も全く同感です。
キツかったやろな・・・。
それでも、そういう生き方しか出来ない人がいる。
そしてそれに出会った人は、
「大切な事を見失わずに生きていこう!」と思ってしまうのです。
壁にぶつかった時、答えを貰えるのです。
勇気を貰えるのです。
目の前の愛する人を大切にしようを思えるのです。
自分に恥じないように生きようを思えるのです。

この本を読み終えて、私の中にそんな事があふれてきました。。。

「希望の海」でハマったモーパーゴの最新作がこの「月にハミング」です。
「戦争の悲劇と感動の秘話」と帯に書かれていますが、それらを通して、
「行い」の素晴らしさを感じました。
もちろん、その根底には「意志」があるからこそですが。

新しい言葉も貰いました。
「記憶は神の恵み。おぼえているのがあたりまえではないんだって、(後省略)」
大切に想う人の事を忘れられないのは「恵み」だったのですね。

「ウィートクロフト家の家族や、メリー・マッキンタイアや、ヴィルヘルム・クロイツのような人間がいるかぎり、この戦争が終わったら、また世界は幸せな場所にもどるにちがいない。」
今も、この時代もそうだ!と思い感動しました。。。
(これについては読んでみてください)

これが実話だと知りビックリしました!
作者自身の物語なのです!

月にバミング

雑誌に載せていただきました。

「男の隠れ家教養シリーズ 完全保存版
  大人のための名作絵本500冊
 ‘童心‘と‘好奇心‘をくすぐる 大人が読みたい絵本500」

他にも・・・
わあ〜!載ってる、載ってる!
私の好きな出版社と絵本!

● らんか社の「かえるごようじん」
  以前講演先の幼稚園で紹介させてもらった後、人気が出た事があったなぁ。
  「だから?」もおススメです♪
● 絵本館の「おどります」
  業界の大先輩に読んで貰ったことがきっかでハマりまくっている大好きな絵本です。
● BL出版の「うえきばちです」
  これはめっちゃくちゃ読みまくりました!
  えほん館の最年少読者はなんと、1歳数か月のあかちゃんです!
  どこに響いたのかは永遠の謎です(笑)

私はと言えば・・・
また「ペツェティーノ」(好学社)を手に持ってる。
どこに載っても「これ」です。
生涯のパートナーだから仕方ないですよね(笑)
でも今回はいつもと違うお気に入りを選ばせていただきました。

●「ダイアナと大きなサイ」(こぐま社)
  愛の絵本です。
●「ヴァイオリニスト」(BL出版)
  たった一人の人に喜んでもらう事は、どれほど素晴らしいことか。それが全てです。
●「森の絵本」(講談社)
  えほん館が今も存続しているのは、この絵本のおかげです。

他の書店さんの紹介絵本もいいですよ〜♫

男の隠れ家