カテゴリー別アーカイブ: 気ままな本の紹介

<未来のだるまちゃんへ>

未来のだるまちゃんへ <未来のだるまちゃんへ> かこさとし著 文藝春秋

えほん館に加古さんの娘さんがご来店くださったのは、2年前の夏のことでした。
出張に伴う偶然のご来店でした。
業界の人かな?と思いながら少しお話した後、「失礼ですけど、業界の方ですか?」とお尋ねしたら、
「加古の娘です。」
?????
かこのむすめ???
数秒置いてやっと時間が動き出した私は、もう、びっくり!!
「えーーーーーっ!加古さんの娘さんですかーーーーーっ!」
その後はもうお祭り騒ぎでした(笑)
仕事のついでにせっかくだから地元の本屋さんに行ってみようと、パソコンで調べたら、えほん館が出てきたとのこと。
小さな店に加古さんの絵本が並んでいるのを心から喜んでくださり、その後お手紙と一緒に加古さんのサイン本を送ってくださいました。
文中の「父に話しましたところ」という言葉に舞い上がってしまいました!

加古さんが、えほん館を認識してくださった歴史的瞬間やー!

と、感動して泣けてきました。
こんな日が突然訪れるなんて・・・
えほん館を続けて来て良かったと心底思いました。
私にとってこれは本当にすごい事なのです。。。

今年の9月17日にMBSのvoiceという番組で加古さんのインタビューが放送されました。
http://www.mbs.jp/voice/special/archive/20150917/
加古さんの「生き直したい」という言葉に涙が溢れました。
なんという重い言葉か・・・。
飛行機に乗り戦争に参加しようとしていた事を心底悔い、残りの人生を子ども達の未来の為に生きようと決心された加古さん。
これだけの素晴らしい作品を生み出され、子ども達に真の豊かさを与え続けておられるというのに、昨今の日本の流れを憂い、ご自分のやってきた事は「失敗だった」と。。。

先日大学の授業の中の「絵本作家」の回で、加古さんの事を取り上げ、学生達に加古さんのインタビュー映像を見てもらいました。
ーこんな体験からこんなふうに思って絵本を作っておられる作家さんがいるー
それを知ってもらいたかったのです。
学生達は、私の予想以上に様々な事を感じ、受け取ってくれました。
嬉しかったです。。。

<未来のだるまちゃんへ>の中にこんな言葉があります。

「ただ、大人はあくまで裏方でね。あんまりあれこれ言わない方がいい。消えている方がいい。僕はそう思います。人間だって生物だということを忘れないでほしいのです。子どもたちも生きようとしている、その生きる力をどうかみくびらずに信じてやってほしい。
近ごろは、親御さんが過保護なのか、心配性なのか、子どもにあれこれ構いすぎる感じがします。僕は「大人は、大人のことをしっかりやれ!」と言いたいですね。
大人としてやるべきことをきちんとやらないで、子どもをどうにかしようたって、出来ない相談でね。子どもには大人の代わりは出来ないように、大人は子どもにはなれないのですから、まずは自分が一個の大人として立派にやってくださった方がいい。
そうずれば、子どもたちは、いつだって見事な大人を観察しては、ひそかにみならって努める素晴らしい生物なのです。」

心して生きようと思いました。

 

おすすめの新刊絵本

「オニのサラリーマン」
富安陽子・文 大島妙子・絵 福音館書店

オニのおとうちゃんは、サラリーマン。
地獄勤めのサラリーマン。
どんな仕事をしているかというとね・・・

子どもと楽しい時間を共有するのにとってもおすすめの新刊絵本です。
小学校での絵本読みにもいいですよ!
(4歳から大人まで)

DSCF2921

小学校にて パート4

昨日は小学校最終日

●5年生4クラス
絵本「十二支のどうぶつ小噺」(BL出版)
絵本「からげ」(アリス館)
絵本「なにができるでしょーか?」(白泉社)
読み物「パンプキン」(講談社)

6年生ですべった小噺に再挑戦!
保護者の方からいただいたアドバイスを実践してみました。
・・・・
うけた!!!
でもひとクラスは、オチを言ってもシーン。
後で一人の女の子に「オチ、わかった?」とこっそり聞いてみたら、
「わかったよ。でも・・・」
「でも、なに?遠慮なく言うて」と優しく私。
「・・・・」ノーコメントだったので、
「おもしろなかった?」と聞くと、
「うん。」
「・・・そうか。ありがとう。」
子どもは素直さが一番です(笑)

昨日一番紹介したかったのは、「パンプキン」。
なので、全クラス読み物は「パンプキン」で統一しました。
紹介して図書室に入っても、全部の子が読むことはありません。
だから、模擬原子爆弾が全国に、京都に落ちていた事実を、どうしても知っておいてもらいたかったのです。
「みんな、パンプキンって何か知ってる~?」
「かぼちゃー」
「よう知ってるなぁ。でもかぼちゃだけちごて、他にもあるねん。」
うんちくかんちく。
伝わった、伝わった!
小噺よりも伝わった!
5年生のみんな、ありがとー♫

樫原5年

小学校にて パート3

本日の小学校での紹介本メニューです♫
今日は3年生4クラスでした。

●3年生
絵本「なにができるでしょーか?」(白泉社)
絵本「ごはん」(福音館書店)
絵本「てんつくサーカス」(くもん出版)
絵本「ねことこねこね」(BL出版)
読み物「それいけ!ぼっこくん」(偕成社)
読み物「とっておきの標語」(PHP研究所)
読み物「おばけ道、ただいま工事中!?」(岩崎書店)

ひとクラス、思い切りすべりました〜(泣)
絵本は子どもに読んでみないとわからない!
普段からそのようにお伝えしていますが、
ほんまです(笑)
・絵本
・読み手
・聴き手
この三つが織りなす時間なので、あれが悪いこれが悪いという世界ではありません。
この三つが織りなされて、すべったのです(笑)
でもでも、保護者の方が言ってくださいました。
「花田さん、引き際が素晴らしかったよ!」って(笑)
さすが、子育て中のお母様!
私を育てるのまでお上手。
救われました。。。

そんなこんなの、全部を含めて楽しくって仕方がない時間でした(^^♪

樫原3年

小学校にて パート2

今日も朝から小学校へ。
本日紹介した本のメニューです♫
今日は1年生4クラスでした。

●1年生
絵本「おめんです」(偕成社)
絵本「ぐるぐるカレー」(アリス館)
絵本「ももも」(岩崎書店)
絵本「ねねねのねこ」(絵本館)
絵本「仙人のおしえ」(くもん出版)
童話「妖怪いじわるひょうしき」(PHP研究所)
童話「3人のまじょとドラゴン なぞなぞようかい」(偕成社)
童話「こぶたのぶうくんとしりとり」(鈴木出版)

「おめんです」「ぐるぐるカレー」「ももも」「ねねねのねこ」は、自分で読むよりも読んでもらう方がはるかに面白い絵本です。
「ももも」は、「もも(桃)」の絵本で、文字は「も」だけ。
なのに子ども達は大爆笑!
「ねねねのねこ」は、保護者の方が「昨日自分で読んで、この絵本は今イチやしパス!と思ってたのに、今日読んでもらったら大爆笑でしたわ〜」と。
そうです!
絵本は「読んでもらう本」なのです!
子ども達の笑い声が響く、嬉しい一日でした。。。

樫原1年2樫原1年3

小学校にて

今日から小学校での仕事がスタート。
それぞれの学年、それぞれのクラスの子ども達に本の紹介をさせていただきます。
本日のメニューは・・・

●1年生
絵本「ねこのピート だいすきなしろいくつ」(ひさかたチャイルド)
童話「たまごさんがころんだ!」(佼成出版社)
●2年生
絵本「だるまなんだ2」(絵本館)
絵本「おおあたり〜」(講談社)
絵本「こんできました」(フレーベル館)
童話「えんぴつ太郎のぼうけん」(鈴木出版)
童話「こぶたのぶうくんとしりとり」(鈴木出版)
●6年生
絵本「十二支のどうぶつ小噺」(BL出版)
読み物「ワンダー」(ほるぷ出版)

「十二支のどうぶつ小噺」は絵本を読まずに小噺をひとつ、やりました。
最後のオチに子ども達は、シーン・・・
先生が爆笑。
遅れて数人の子ども達が「ははは」
先生の説明で数人が「あーっ!」
なんでやねん!
修正して、またやるぞっ!
くそっ。(おっと失礼!)

樫原1年樫原2年 (1)樫原2年 (2)

 

 

不満があります!

私の事ではありません。
新刊が入荷しました。

「ふまんがあります」 ヨシタケシンスケ PHP研究所 1300円(税別)

「りゆうがあります」に続いて出たのは「ふまんがあります」でした。
子どもの不満に答えるパパ。
しかし・・・
こんなんでええのか〜(笑)
親子でワイワイ言いながら読んでください。

ふまんがあります

さがし遊び絵本の元祖?

「とこちゃんはどこ」 松岡享子作 かこさとし絵 福音館書店

「ウォーリーをさがせ」が大人気となり、「ミッケシリーズ」や「どこどこ?セブンシリーズ」など、今や子ども達に大人気のさがし遊び絵本ですが、この絵本はご存知ですか?
この絵本は、ただのさがし遊び絵本ではありません!

なぜ「とこちゃん」というのか?
それはいつでも「とことこと、どこかへ行ってしまう」から「とこちゃん」なのですよ。

さがし遊びの要素を使って、子どもらしさを実にうまく表現した「おはなし絵本」です。
(3歳から大人まで)

とこちゃんはどこ?

<新刊読み物から>

「岸辺のヤ〜ビ」
梨木香歩作 小沢さかえ画 福音館書店
小学校中学年から大人まで
マッドガイド・ウォーターの岸辺には、不思議な小さな生きもの達が棲んでいます。
そんな生きもの達の、あれこれの物語です。

〚あの晴れた夏の日、わたしが岸辺で出会ったのは、ふわふわの毛につつまれた、二本足で歩くハリネズミのようなふしぎな生きものでした。〛
人間の目を通して語られる私たちの知らない生きもの達の世界が、実は人間の世界と共にあり影響しあっています。
ファンタジーは、人の心の世界の無限さに気付かせてくれるものなのではないでしょうか。

梨木さんのファンタジーということで、幸いにも出版される前の原稿を読ませていただきました。
文章だけだった原稿に素敵な挿絵が加わって、より世界観がクリアになったような気がします。

DSCF2899

<君の膵臓をたべたい>

君の膵臓をたべたい
「君の膵臓をたべたい」 住野よる・著 双葉社

もう止まりませんでした!
読むのも、涙も・・・。
最低限の仕事だけすることにして、2日間で一気に読んでしまいました。
(因みに私は読むのが遅い方です。)

出版された時から、このタイトルが気になって気になって。
そしたら友人が読んだというので貸してもらいました。
今から思えば、ポーカーフェイスで、ふつーに貸してくれたのが良かった!
感情的に何の前ぶれもない状態で読めたのが、この本に限っては本当に良かったです。
真っ白な心でスタート出来たことが。
なのに私は、
「もう、めっちゃ良かった!良かった!」と大騒ぎして人にすすめています。
情けない・・・。
でも、喋らずにいられないのです。
でもでも、内容に関しては一切言わないようにしています。
この本は内容を何も知らずに読むのが一番だと思うのです。
読み終わった後、もう1回読みたいと思った本ってあったかなぁ・・・?
1週間経ちますが、未だに余韻に浸っています。

そんなつもりは無かったのに、意識が変わっちゃいました。
知らない間に変わってしまってました。
生きる事が嬉しい。。。
普通の事が、何気ない事が、当たり前の事が、愛しい。。。
イライラしたり、嫌な気分になる事も、愛しい。。。
主人公の二人に出会えて本当に良かった!!!