月別アーカイブ: 2014年12月

<借りぐらし>

忙しーーーーーーいっ!

今の私を表す一言です(笑)
この時期は毎年そうなのです。
それが有難いことなのです。
特に今年は大きな仕事をいただいていて、余計に忙しいのです。
いつも「つぶれかけ状態」が当たり前のえほん館にとっては、ほんとーに有難いことなのです(笑)
そんな仕事以外ほったらかしの毎日の中での先日、雨の日のことです。
朝一番、近くの小学校の全校集会で本の紹介をさせていただき、
(紹介本・絵本「モジャキのくすり」読み物「走れ!カネイノチ」「名犬チロリ」)
一旦帰ってから次の仕事に出掛けようとしたら・・・
ないっ!
表の傘立てに入れておいた傘がない!
しかも私のお気に入りの水玉模様入りのビニール傘。
700円もしたビニール傘。
「貸し出し禁止」と紙までつけていたビニール傘。

・・・盗られた・・・

上桂に引っ越して来て15年。こんなこと一度も無かったのに・・・
ショックでした。
取り敢えずいただいたボロボロのビニール傘をさして出掛けました。
傘が無くなった事がショックだったのではなく、盗られた事がショックでした。
盗る人、いるんや・・・
そんな事を思いながら運転していて、ふと、気付きました。
「盗られた」って、そもそも私のもんやったんか?
お金出して買ったけど、そのお金ももともと私のもんとちゃうし・・・
そんな変な事を考えていて、
この世に「私のもん」ってあるんやろか?
はは、無いやん。ははは。
ってな具合になりました。

あ、そうか!
「床下の小人たち」(一般的には「借りぐらしのアリエッティ」なのかな?)は、
自分の事やったんや!
私が生きてる事が借りぐらしやったんや!
全部、借りてるもんなんや。
と、気付いた私でした。。。

それやったら、セレブ生活出来るくらいの大金貸してー!
(って、ほんまに気付いたんかい!)

面白いことに、
翌日、傘立てに「お気に入りのビニール傘」が戻っていました。
借りたはったんや〜
誰か知らんけど(笑)

(「床下の小人たち」メアリー・ノートン著 岩波少年文庫 シリーズ有り)
04331777[1]