月別アーカイブ: 2017年1月

Oさん!ご連絡ください!

困っています!

先日からメールで「長谷川義史さん・あおきひろえさん 夫婦ライブ」を
お申込みいただいている、O(オー)さん、お電話ください。
ちゃんと返信していますが、受け取っていただけないようで困っています。
エラーではなく届いている感じなのです。
受け取り拒否になっているのかなぁ???

という訳で、ここで呼びかけてみました。
届くことを願いつつ。。。

映画・初恋のきた道

大好きな「午前十時の映画祭」で、大好きな「初恋のきた道」を観てきました。

%e5%88%9d%e6%81%8b%e3%81%ae%e3%81%8d%e3%81%9f%e9%81%93

も〜最高!!!

1999年公開の中国映画ですが、公開時に観てチャン・ツィイーに一目惚れ。
多分多くの人がそうでしょう。
もう一度スクリーンで観たいと思っていましたが、
17年振りに願いが叶いました。
途中から泣きっぱなし。
私は泣くと涙だけではなくて同じくらい鼻水も出るのです。
だから鼻をすするだけでは済まなくて、かまなくてはいけません。
これが実にやっかいで・・・
映画の途中で、ズズズズズーとやるのは他の人に申し訳ないのですが、
でもそのままだと耐えられないわけで・・・
今日も我慢して我慢して、音楽が大きくなったタイミングを見計らって、
今だ!
ズズズー、ズズズズズーと、かませて頂きました。

一途に人を想い、文化大革命によって引き離されてしまっても想い続ける少女。
出会ってから40年もの間、夫婦として連れ添ってからも
その想いは変わる事がありませんでした。。。
それって、すごいなぁ〜。
憧れる。
昔から「一途」に憧れる。
小学生の時から「一途」が大好き。
なのに離婚してしまった(笑)
40年間一人の人を想い続けるのは、年齢的にももう無理(笑)
それだけではなくて、この映画は最高です。
映像の美しさ、音楽、家族、生活。
とても貧しい村の生活に生きることの営みを感じます。

本当に感動でした。
13日までにもう一回観たいなぁ。
それにしても、今年は正月から泣いてばっかりで、目が腫れてます。

竹青壮の住人たち

昨日今日と箱根駅伝に釘付けでした。
子どもの頃からスポーツは大好きで、やるのも観るのも好きなのですが、
箱根駅伝には全く興味がありませんでした。
父が毎年テレビで見ていましたが、好きな番組が見られなくてただただうっとしいだけでした。
ところが、数年前からなぜか興味が湧き注目するようになり見るようになりました。
そして今年は・・・
テレビに釘づけ。
特に今日は泣きっぱなし。

去年の12月は例年以上の忙しさでした。
毎年10月に入ると年末まで休み無しになります。
でも去年の12月は、朝9時から夜の11時まで仕事という日が5日間続くこともあって、心よりも身体が疲れ切り、病気以外で初めて、しんどくて夜寝られないという経験をしました。
そんな私を支えてくれたのは、竹青壮の10人の住人達でした。

「風が強く吹いている」(三浦しをん著)
2006年に出版され話題となり映画にもなりましたが、初めて読みました。
そしてハマりました!
読み終わった後、すぐにまたもう一度読んだのは人生で初めてです。
ハイジに走(かける)、王子、双子のジョータとジョージ、ムサ、神童、ユキ、
ニコチャン先輩、キングの10人は竹青壮に住んでいる大学生です。
この10人が箱根駅伝を目指す物語なのですが、ただのスポーツ青春物語ではなく、
努力神話の物語でもなく・・・う〜ん・・・
言葉に出来ないので、あとがきにある著者の言葉の一部を紹介します。

できる、できないという基準ではない価値観を築けるかどうかを、
小説を通じて考えてみたかった。

毎日へとへとになっても、1ページだけでも・・・と読んでいました。
軽い扉を開くだけで、そこに私の好きな人達がいる!
ただそれだけの事が「力」となる。
私にとって竹青壮の10人は生きている人達なのです。
キャプテンで監督でもあるハイジからは、人生の宝物となる言葉をもらいました。

そんな「風が強く吹いている」を片手に臨んだ今年の箱根駅伝。
でも元旦のニューイヤー駅伝のスタートシーンを偶然テレビで見て、
瞬間で泣いていました。
王子のスタートを一瞬で思い出してしまった自分にビックリ。
こんなんで明日ちゃんと見れるやろか・・・
予想通り、箱根駅伝のスタートでほぼ号泣していました(笑)
だって私にはそこに、確かに王子が見えたのです。

今日はもう、タスキが繋がっては泣き、繋がらなくてもっと泣き、
フラフラで走っている選手に向かって大声で「がんばれーっ!がんばれーっ!」と叫び、
10人が走ったコースを本を片手にテレビで確認しと、大忙しでした。
「あ、六郷橋」
「権太坂や」
「大平台のヘアピンカーブって、狐坂そっくりや〜」
「神童が上がった坂は、こんなに急やったんか」

濃い二日間でした。
今日はぐっすり寝られそうです。

322475822

 

新年のごあいさつを絵本とともに

2017年が明けました!
あけましておめでとうございます。
みなさま、今年もどうぞよろしくお願い致します。

今年は酉年です。
鳥と言えば、
「鳥の島」川端誠・作 BL出版

毎年海の向こうを目指して飛び立って行く鳥たち。
でも、海の向こうにたどり着くことなく海の底へと沈んで行った。
ある年、また一羽の鳥が海の向こうを夢見て飛び立ちました。
大海の真ん中で力尽き、落ちて行こうとするその時・・・

「私たちは先人に守られて生きている!」
この絵本を初めて読んだとき、ものすごく感動しました。
文章だけでなく、絵の力にも圧倒されました。
私もこの絵本の中の一羽であるように思います。。。

みなさんの一年が、喜びであふれますように★

%e9%b3%a5%e3%81%ae%e5%b3%b6

1月の講演予定

12日(木) 子育て講座(京都市聚楽保育所) 会場・きっずぱぁく生祥(元・生祥幼稚園)
・・・・・・・ (一般参加可)

14日(土) 大人のための絵本ライブ ウィズ摂津(大阪府摂津市) (要予約)

17日(火) 京都市 夢想幼稚園 (保護者の方)

18日(水) 京都市 きらきら園 (保護者の方)

19日(木) 京都市 地域子育てステーション(陵ケ丘保育園)
・・・・・・・・会場・笑顔とふれあいの家みささぎ (一般参加可)*絵本販売有

21日(土) 京都市 紫野幼稚園

24日(火) 京都市 向島南小学校

25日(水) 京都市私立幼稚園PTA連合会 北地区家庭教育セミナー

27日(金) 城陽市 久津川保育園 (保護者の方)

28日(土) 京都市 樫原保育園 (保護者の方)

31日(火) 京都市 安井児童館 (一般参加可)